【口コミ評判】エキスパートメールを1年使ってみた感想レビュー

今回は、私の苦いエキスパートメールに関する経験をもとに、

「私と同じ失敗や後悔を味わってほしくない」

と思い、これからインターネットビジネスを始めようと思っている人に向けて、

この記事を書いています。

 

もし、あなたがこれからインターネットビジネスをするなら、

「メルマガ=メールマガジン」を駆使した情報発信を検討することになると思います。

 

検討する上で非常に重要なのは、メルマガ配信・管理サービスのような

「メルマガスタンド」の選択です。

 

メルマガ配信スタンドは、一度使用してしまうと、

他への乗り換えは困難です。

 

ですから、このメルマガスタンドの選択を誤ると

大変な目に合い絶対後悔することになるため、非常に重要なのです。

 

メルマガスタンドの他社への乗り換えが困難だという理由は、

以下のような作業が発生するためです。

  • ステップメールのバックアップ、
  • 新メルマガスタンドでの再構築、
  • ブログなどに貼っている登録フォームのURLの総入れ替え等

 

そのため、

これからメルマガスタンドを検討しようと考えている人には、

後々後悔しないためにも、慎重に検討していただきたいと思います。

 

私自身はこれまで

エキスパートメールを使用していたのですが、

色々と問題点もあり、粗が多すぎてトラブルのもとになりかねない点があり、

これを使用したのは失敗だったと思っています。

 

実際、エキスパートメールの理解し難い仕様のおかげで、

トラブルを起こしてしまいました。

 

この苦い経験から、私も新媒体ではマイスピーに乗り換えていますし、

わたしの身の周りでもエキスパートメールは評判が悪いです。

 

それでは、エキスパートメールを1年使った私が

使いづらいと思った点や、「おすすめできない」理由を説明しますので

これからメルマガスタンドを検討する人に参考にしていただけたらと思います。

 

また、今回のわたしの失敗談をもとにエキスパートメールさんが改善策

を取ってくれることを期待します。

 

エキスパートメールのここが使いづらい!おすすめしない理由

 

1、分かりにくい仕様が多い

実際に使用してみると分かりますが、

エキスパートメールは全体的に「説明不足」で、

分かりにくいと思う仕様が多々ありました。

 

また、先程も挙げたように

細かい粗が多くて使いづらく、

説明不足ために、実際に重大なトラブルに発展してしまいました。

 

メールごとに配信対象の詳細設定ができない

まず一番に、メールごとに配信対象の詳細設定ができないことで

非常に不便を感じました。

 

メルマガというものは、基本的に新規に登録した読者さんに対しては

過去のメールは届きません。

 

ですから、新規の読者さん向けに過去のメールを配信したいからといって、

既存の読者さんに同じメールを再度配信するわけにもいきません。

 

そのため、多くのメルマガスタンドには

以下のように、メール一通ごとに配信先設定できる機能があります。

 

  • 「到達日前の人にのみ配信」
  • 「登録日関係なく全ての人に配信」
  • 「新規登録者のみに配信」

 

一方、エキスパートメールは上記のような設定が不可能で、

以下で配信設定します。

  • 読者番号(読者No)で指定
  • メールアドレスで指定
  • 名前で指定
  • 自由項目を作りそれを条件にする

 

 

読者番号で指定すれば、

既存の読者さんに過去のメールが届かないようにすることも可能ですが、

たとえば「今日」を境にメール配信の可否を指定出来た方が

分かりやすいですし、使いやすいです。

 

エキスパートメールのような「番号管理」だと、

  • どの番号の読者が新規・既存の境であるか
  • どの番号の読者までが、いつまでのメールを読んでいるか

を確認する必要があります。

 

しかし、裏を返せばエキスパートメールやワイメールは

 

  • 「到達日前の人にのみ配信」
  • 「登録日関係なく全ての人に配信」
  • 「新規登録者のみに配信」

 

というような初歩的な送信先指定は

「出来て当たり前」だということです。

 

無知とは最大の罪とは言いますが、

初めて使用したメルマガスタンドがエキスパートメールだった私は、

もちろんそんなことは知りませんでした。

 

私が大打撃を受けた「トラブル」について

 

先程お話した「新規登録者のみに配信」という機能が

エキスパートメールに無かったため、

私はとんでもないトラブルを起こしてしまいました。

 

それは、

新規のメルマガ読者さん向けに過去のメールをまとめて配信するために

「新規のメルマガ読者さん向けとして」

「新規のメルマガ読者さんにだけ届くステップメール」

をステップメール機能を使用して作業しました。

 

結果、ステップメールを設定したその日の夜、

確認用に登録したメールアドレスに

全てのステップメールが一斉に届いてしまいました。

 

私の確認用メールアドレスに一斉に配信されたということは、

800人以上いる読者さんにも、

同じように全てのステップメールが一斉に配信されてしまったということです。

 

このような事態が起これば、

「なんだこのスパムは!消費者庁に訴えるぞ!」

というようなクレームももちろん入ります。

その方には事情を説明して和解できましたが、スパムではないかと思われても仕方ないです。

 

このような事態が起こってしまったのは、

「送信先の振り分け機能」がないことが原因です。

 

トラブルが起こった理由として、

エキスパートメールの以下のような仕様に起因します。

  • 特に指定がない場合、既存の読者さんには登録日時関係なくさかのぼって全てのステップメールが送信される
  • 日頃その場で文面を考えて書いた普通のメールではこの遡及効果はないので、新規の読者さんに過去のメールが全て送信されるということはない

 

まず、エキスパートメールで送信できるメールは、

大きく分けて以下の二種類が配信できます。

 

  1. 「その場で文面を考えて書いて送信する、日刊メール」
  2. 「あらかじめ送信タイミングを決めて設定しておく、ステップメール」

 

「1」の日刊メールでは、

日追いで行うプロモーションや日頃の呟きや気付いたこと等を送信しています。

よって、「1」のタイプのメールは、「さかのぼっての発信」はされません。

 

以下のようなメールをそれぞれ「日刊メール」として配信したとします。

 

  • 2月14日に「ハッピーバレンタイン」
  • 3月3日に「今日はひなまつり」
  • 7月7日に「今日は七夕」
  • 12月25日に「メリークリスマス」

 

たとえば、あなたが8月1日にメルマガ登録した場合、

私が8月1日以前に書いた以下のメールは

再配信しない限り、あなたには届かないことになります。

 

  • 2月14日に「ハッピーバレンタイン」
  • 3月3日に「今日はひなまつり」
  • 7月7日に「今日は七夕」

 

そのため、あなたに配信されるメールは、

8月1日以降の12月25日「メリークリスマス」だけになります。

 

8月1日以前に配信した、以下3つの日刊メールは、

さかのぼって配信されることはありません。

 

 

  • 2月14日に「ハッピーバレンタイン」
  • 3月3日に「今日はひなまつり」
  • 7月7日に「今日は七夕」

 

しかし、「2」のステップメール機能では、配信タイミングを決めることが可能なため、

以下のようにステップメールを設定しました。

 

  • 登録後翌日に「ハッピーバレンタイン」
  • 登録3日目に「今日はひなまつり」
  • 登録10日目に「今日は七夕」
  • 登録1か月目に「メリークリスマス」

 

 

たとえば、私が上記のステップメールを8月1日に設定し、

あなたのメルマガ登録も同日の8月1日だったとします。

 

その場合、翌日の8月2日には1通目である

「ハッピーバレンタイン」が、

3日目の8月4日には「今日はひなまつり」のメールが配信されます。

 

一方、もしあなたが2か月前の「6月1日」に私のメルマガに登録していた場合

次のいずれも指定日時を過ぎてしまっています。

  • 登録後翌日の「ハッピーバレンタイン」
  • 登録3日目の「今日はひなまつり」
  • 登録10日目の「今日は七夕」
  • 登録1か月目の「メリークリスマス」

 

上記のように後から設定したステップメールの配信について、エキスパートメールの説明はありません。

 

日刊メールは

「過去に送ったメールはさかのぼって配信されない」

仕様ですから、既に指定日時を過ぎてしまった人には、

過去のメールは配信されないだろう考える人が多いと思います。

 

しかし、ステップメールだけはさかのぼって配信されてしまう仕様のため、

前述したようなトラブルが起こってしまったのです。

 

先程の例で説明すると、

 

  • 登録後翌日の「ハッピーバレンタイン」
  • 登録3日目の「今日はひなまつり」
  • 登録10日目の「今日は七夕」
  • 登録1か月目の「メリークリスマス」

 

 

上記メールが「8月1日」に

「1か月以上前に私のメルマガに登録した人」に対して、

「過去のメールが一斉にまとめて送信される」ということが起こってしまいます。

 

いままでの説明だと、

「指定日時が経過した時点」で配信する、と解釈してしまいますが、

実は「指定日時に達していたら関係なく」配信されてしまうのです。

 

たとえば、50通等の大規模なステップメールを設定する人は、

読者さんへ50通ものメールが一斉に届いてしまう、という恐ろしい事態が起こってしまいます。

 

これは、実際にエキスパートメールを使ってみたからこそ、

気付けた仕様です。

 

そして、この仕様のために同様のトラブルを起こしてしまい、

「スパムメールを送ってきた」と

読者さんに誤解をされてしまった情報発信者も多いはずです。

 

さらに、この他にエキスパートメールには

「メール配信上限」「上限超過罰金システム」という納得できない仕様があります。

 

理不尽だらけの「配信上限」

 

エキスパートメールの「配信上限」については、私や多くの人が使っているプランで、

1日の配信数は「5000通」と決まっています。

 

現在私が使用しているマイスピーではこの「配信上限」自体が存在しませんが、

エキスパートメールでは、設定できるステップメールの数も

1つのメルマガにつき「50」までと制限されています。

 

たとえば300人の読者がいて、50通のステップメールを書いた場合、

300人に対して50通のメールが一斉送信されることになるので、

全部で15000通のメールが1日で配信されることになり、

これだけで制限オーバーとなってしまいます。

 

その上、エキスパートメールは「制限超過」すると「超過料金」を請求します。

そして私も「制限超過」による超過料金請求の被害にあった一人です。

運営に連絡して事情を説明したのですが、一切認められませんでした。

 

もちろん、ミスをした私も悪かったのですが

このおかげで私は、以下の損失を被りました。

 

  • スパムとみなされて読者さんの信用を損なった
  • 修正と確認の作業に時間とエネルギーを取られた
  • 謝罪メールを送信する時間を取られた
  • 制限超過による超過料金を請求された

 

また、他社のサービスには普通にある送信先の分かりやすい指定機能

があればこのようなトラブルも、起こりませんでした。

 

以上のことだけでも

私がエキスパートメールからマイスピーなどの他社に乗り換える

十分な動機となりました。

 

しかし、エキスパートメールの問題はこれだけではなかったのです。

 

テストメールの送受信が遅く、使い物にならない!

エキスパートメールには「テスト送信」という

自分が送ったメールを確認することが出来る機能があります。

 

しかし、このテストメールが届くのが、非常に遅いのです。

 

テスト用に、自分のブログのお問い合わせ欄等からメールを送ってみると、

一瞬でメールボックスに届きますが、

エキスパートメールのテストメールは受信までに数分以上のタイムラグが発生します。

 

ですから、急いでメールの内容を確認したい場合も使い物にならず、

送信してからミスに気付いた、

ミスしたメールを送信してからテストメールが届く、

という事態が起こりやすくなるのです。

 

仕様変更によるトラブルが多発

エキスパートメールでは、急に仕様が変わり、

今まで使用していたフォームが突然動作しなくなる場合があるのです。

 

私のサイトでも突然動作しなくなることがありました。

 

私の場合は、ブログのあちこちに登録フォームを貼っていて、

サイドバーのフォーム「のみ」動作していたため、

読者さんに指摘されるまでは全く気付きませんでしたが、

他の登録フォームは動作していなかったのです。

 

さらに、私はまだ経験していませんが、

仕様変更のよって、以下のような恐ろしいことも起こるそうです。

  • 別の媒体で貼っているメルマガ登録フォームが、別の媒体の登録フォームに入れ替わっている
  • 仕様変更の際、リストが全部消去している
  • 過去に送ったステップメールが全て一斉に読者さんに配信される

 

当初あった便利な機能が廃止される

当初、エキスパートメールには

「ステップ登録して、何通目に別のステップに登録」

という便利な機能があったようですが、

その機能はいつの間にか廃止されていました。

 

他にも利用者がエキスパートメールに払う費用に見合わなくなるような、

配信制限や登録制限などの仕様変更が多いそうです。

 

2、かゆいところに手が届かない中途半端な機能性

 

エキスパートメールは、機能数は多いのですが、

「その多くの機能は説明がないので全く使えない、

いざ使ってみるととんでもない爆弾だった。

という機能が多いです。

 

また、前述した

「既に登録されている人に送るかどうかをワンボタンで指定できる」

という機能がないという例にもある通り、

「中途半端」な機能が多いです。

 

いたずら防止への対策が希薄

強いて言えば、私が個人的に一番不満なのが、以下の点です。

  • いたずら登録防止がない
  • 読者の手動解除が面倒

 

同一人物がいたずら目的、メルマガ到達率を低下させる等の目的で

でたらめなアドレスで登録した場合、

  • メルマガリストの実数が把握できない
  • メルマガの到達率が下がる

ということが起こります。

 

このようないたずら登録に関して、

他社のメルマガスタンドだと可能な以下のようなことも、エキスパートメールは不可能なのです。

  • 同一IPからの重複登録をブロック
  • 登録時にテストメールを送信し、存在しないアドレスだった場合は登録を拒否する

 

いたずら登録は、自分で確認し、

  • 一個一個
  • 手動で

解除していくという不便な作業をするしかありません。

 

また、エキスパートメールは、登録者のIPアドレスを直近数週間のみ

エクセルファイルで出力することが可能です。

 

しかし、このエクセルファイル出力を実行しないと、

メルマガ登録者のIPアドレスを確認することが不可能なのです。

 

エクセル出力とは別に、IPアドレスを確認できるページもありますが、

一目で確認することが困難で使いづらいです。

 

ラジオボタンで選択し、いたずら登録者のアドレスを一斉にメルマガ解除する、

という機能もないため、不審な登録があるたびに確認し、

怪しいアドレスを手動解除しなければなりません。

 

3、到達率に疑問符

 

エキスパートメールの売りは

「業界随一の到達率!」とのことですが、

到達率が高いと言われた昔と違い、現在はそうでもありません。

 

多くのメルマガの読者さんが登録しているyahooメールの場合、

プランに関わらずエキスパートメール経由のメールは

「9割」が迷惑メールフォルダに入ってしまいます。

 

元々迷惑判定が厳しいyahooメールですが、

同業者マイスピーの迷惑メール率は「5割」に収まっています。

他社と比べても、違いは明らかです。

 

私の身の周りでも、

「エキスパの到達率に疑問を感じ、他社に乗り換えた」

という人は多いです。

 

いたずら登録対策や、私が実体験したトラブル対策等を

怠っているため自業自得ですが、

到達率が下がって被害を被るのは、

エキスパートメールを使用してメルマガを配信している利用者です。

 

このまま改善がなければ、

エキスパートメールの利用者がどんどん減少するのではないかと思いますが、

メルマガスタンドの乗り換えは困難というところがエキスパートメールにとっての救いです。

4、エキスパートメール運営者に良くない噂がある

良くない噂については

「エキスパの運営者名+DDoS攻撃」で

検索してみると大体の事情が分かると思います。

 

私も「被害」に遭い、叩き系ブログに区切りをつける

一つの理由になりました。

 

エキスパートメール自体にはお世話になりましたが

個人的に釈然としないことが多かったことを、

これから使用するの方々のためにも共有しておこうと思います。

 

まとめ:エキスパートメールのここがダメ

 

メルマガ読者さんには

今回のトラブルで多大なご迷惑をおかけしました。

 

私はこのトラブルを機にエキスパートメールからは完全に

乗り換えようと思っています。

今までの問題が改善しない限り、

あなたにもエキスパートメールの利用はお勧めできません。

 

全てをエキスパートメールの責任にはできませんが、

いままで私が感じていた細かい不満や不便な点が、

今回のトラブルで一気に爆発してしまったと思います。

 

私から言えることは、

これからメルマガスタンドを選ぶなら、

エキスパートメールは絶対おすすめできないですし、

マイスピーなどの他媒体を使用した方が断然良いと思います。

 

今後、マイスピーに乗り換えるつもりなので、

そのうちマイスピーの使用感をレビューしてみようと思います。

 

マイスピ―も改善点はありますが、

慣れてしまえばエキスパートメールよりもはるかに自由度も高く、

使用しやすいと私は思います。

 

しかし、簡単に乗り換えるのは困難なため、

しばらくこのブログはエキスパートメールのままで運用したいと思っています。

 

値段などの情報に惑わされず、慎重に判断しましょう

 

実は、私がエキスパートメールを

使用していた理由は、「料金が安かったから」です。

 

自己投資の金額と、

今の自分のキャパシティのバランスは

取るべきであるだと確かに思いますが、

私は値段の安さに飛びつき、痛い目に合ったので

あなたは情報に惑わされず、慎重に判断することをおすすめします。

 

 

以下の記事は、「自己投資」を盾に、

高額な出費を強いる業界に対する疑問を投げかけたものです。

 

 

しかし、

「目先の金額の安さ」だけに惑わされると、

今回の私のトラブルように、

大きな損失を被ることもあります。

 

「時は金なり」といいますが、

その最たるものが「時間」でした。

 

「時間」は「初期資金」よりも

非常に大事であることを、

私は最近メルマガで語っています。

 

興味がある方は、是非メルマガ登録もお願いします。

 

先程も言ったように

メルマガスタンドの乗り換えは困難なため

当分は引き続きエキスパートメールで発信させていただきます。

 

メルガマのミスは修正してあるはずですが、

またミスがありましたら、優しく教えてくださると幸いです。

 

これからインターネットビジネスを始めようと考えている人は、

サーバーやブログサービスなど、

様々なものを「選択する」機会があると思います。

 

インターネット上で「これ、良いサービスだよ」と言われるものの中には、

確かに高額なものもありますし、戸惑う場面も多々あると思います。

 

しかし、メルマガスタンドやサーバー等は、

例え高額でも、慎重に検討し本当に良いものを選ぶべきです。

 

前述の通り、一度選択したメルマガスタンドは、

読者の移動などが非常に困難であるため、

乗り換えは簡単ではありません。

 

 

サーバーは、

「日本の治安のいい場所に住むか、無法地帯の国に住むか」

というくらい重要なものです。

 

DDoS攻撃の際も、エックスサーバーさんは

非常に迅速かつ丁寧な対応だったため、

被害は最小限に収まっています。

 

一方、別のサーバー会社だと、

サーバー会社にサイトを消されるという事態もあったそうです。

 

そんな事態が起こったら、私なら泣きます。

 

このようなこともあるため、サーバー等のサービスは高額であっても、

本当に良いものを選んで「要らぬ心配」をしない環境を整えるべきです。

 

私の経験が参考になれば幸いです。

タイトルとURLをコピーしました