メルマガ登録を増やすための21の方法

『メルマガでリストビジネスを始めてみたけど、一向にメルマガ登録者が増えない…。一体どうすれば良いんだろう?』

 

あなたはそんな風に悩んでいませんか?

 

この記事では、そんなあなたのために、メルマガ登録を増やすための21の方法をご紹介します。本気でメルマガで稼ぎたいと思っているなら、全てに目を通し、1つずつ実践してみてください。

メルマガリストが重要な理由とは?

メルマガ登録を増やすのが大切な理由は、ネット上に限って言えば、受注の効率が一番良いからです。

単純な比較は出来ないため、あくまでもイメージするような感覚で知って頂きたいのですが、もしも無料オファーの申し込みをメルマガやTwitter、Facebookを通して通知した場合、それに反応する確率は

メルマガ:Facebook:Twitter = 1: 0.1 : 0.01

という感じです。

その中でも、Facebookはコミュニケーションの取り方によって、反応する確率が大きく変化するのでハッキリと明言するのは難しいですが、Twitterはメルマガと比べると反応する確率が2ケタ以上悪くなると言っても過言ではありません。。

なぜなら、メルマガはメールアドレスを登録して初めてお互いの関係が成り立つからです。もし登録したアドレスがフリーのメールアドレスだった場合にも、自分の連絡先を知らせてくれるということは大きな意味を持っています。

秘密にしたい情報を登録する行為には、いいねを押したり、フォローしたりする行為よりも、重みがある行動だといえます。重みがある行動をするには、関心が高くなければ難しいのです。その関心の高さは、次のステップの受注に向けた起動力に繋がるということです。

では、どのようにすればメルマガの登録数が増えるのかを21連発でお教えして、最後に一番大切なことをまとめましょう。

メルマガの登録数を増やす21の方法

魅力的なタイトルをつける

私たちは本を購入するとき、本のタイトルを見て判断します。 タイトルがなければどんな本なのか、どんな内容が書かれているか分かりません。すなわち、メルマガにもタイトルが必要なのです。

メルマガの内容が分からないままで、登録する気にはならないですよね?

 

お得な情報が届くことを知らせる

多くの利用者は、お得な情報がメルマガで連絡してもらえると分かれば、「登録してみようかな」と思います。利用者を餌で釣るようなことはしたくないと思う方もいるかもしれません。しかし、それは間違っているかもしれません。利用者を餌で釣るようなことはすべきでない。けれど、多くの人は見ず知らずの段階では損得勘定で動くものです。

お役立ち情報をお知らせすると知らせる

配信されているメルマガの中には、内容が良く分からないものも少なくないので、ユーザーは「タダのメルマガには役立つ情報なんてない」と思ってしまいます。即ち、役立つ情報を提供していることをしっかり説明する必要があります。

貴重な情報を提供することを知らせる

配信するたびに貴重な情報を掲載することは、とても難しいです。もしも、そこまで内容が濃いのであれば、有料にした方がいいです。しかし、少しずつ貴重な情報を掲載して配信しているのであれば、それも知らせておいた方がいいです。

読者のコメントを掲載する

商品を販売するときは、お客様のコメントを掲載するのに、メルマガの登録をお願いするときにはなぜ読者のコメントを掲載しないのか? メルマガを読んだ人がどんなコメントを残したのかを伝えることで、登録する負担感は減らすことが出来るのに・・・。

楽しんで読める内容であることを知らせる

たとえば、ビジネス関連のメルマガであっても、楽しく読める要素は必要だと思います。メルマガはサラッと読めた方がいいので、あまりに難しい内容ばかりでは疲れてしまいます。難しそうに見えるビジネスの内容でもエンターテイメント性は必要です。

読者のターゲットを明確にする

どのような読者を対象に配信しているのかを説明することで、対象の人は読む意欲が掻き立てられるでしょう。万人向けに配信するということは難しいです。もっというと、こういう人は読んでも役に立ちませんと、明言しても良いです。

登録すれば別の特典がもらえる仕組み

ただ単純にメルマガを読めるだけではなく、その他にも特典があることを知らせれば、登録する意欲は上がります。レポートのダウンロードがあったとしたら、割引券を付けても良いでしょう。

次回予告をする

これは手間がかかるので、絶対的なお勧めはできませんが、次回の配信内容を書いておくことで、登録する魅力を上げることに繋がります。次回はどんな内容か、イメージしやすいように書くことがポイントです。

Twitterを使って告知する

1回の読みきりになることがメルマガの特徴です。この特徴は、時間に重点を置いたTwitterと相性が良いです。「今日の午後4:00に配信するメルマガで・・・について説明しました。詳しくは・・・」と告知をすることで登録者数は増えます。

メルマガを最優先することを知らせる

連絡内容は全てメルマガで最初に連絡することを知らせ、実行することが大切です。これは決して難しい話ではないです。いちばん最初に連絡します、というのはメルマガの読者を大切にする気持ちを表現しているということでもあります。

配信者の経歴を掲載する

メルマガを書いている人がどんな人なのか分からなければ、登録するのを躊躇してしまいます。作者のない本が成立しないのと同じです。そのため作者の経歴も書いておきましょう。

 

入力フォームをメールアドレスのみにする

シンプルな入力フォームを設けることで、メルマガ登録に対する負担感を下げることが出来ます。これはメルマガ配信の基本です。メールアドレスの登録だけにして良いと思います。

余計な広告は無いことを知らせる

余計な広告が入らないことは勿論ですが、利用者の中には、複雑な入力フォームを好まない人もいます。そのため、今までのサンプルをサムネイル画像で表示するなども効果があります。

簡単に解除できることを知らせる

メルマガ登録数を増やすには、簡単に解除出来ることも重要です。例えばワンクリックで解除できるのであれば、書いておいた方が親切です。

宣伝だけではないことを知らせる

メルマガを配信するのであれば、自社の宣伝を含んでいるわけです。その全てを否定することは出来ません。しかし、全てを宣伝であると思わせるような表現はしないほうがいいです。例えば「セミナー情報や新製品をお知らせします」と書かれているだけなら、登録する気にはなりません。

配信者の写真を掲載する

経歴の記事の中に顔写真があることで、さらに親近感が沸きます。もし、顔出しが出来る場合は、写真も掲載しておいた方が良いです。

いいねを押す時に、メルマガ購読の登録も促す

Facebookに登録してもらうときは、いいね!を押すだけではなく、メルマガ購読の登録もお願いしましょう。「多くのことをお願いするのは、気が引ける?」「いいえ、そうではありません」 お願いをするには、タイミングを見計らうことが大切です。相手が承諾している時が、次のお願いをする一番のチャンスなのです。

個人情報に関する規約を明示する

個人情報の管理方法するための、会社の方針を明示しなければなりません。その内容を最初から最後まで読む人は少ないですが、明示していることが大切なのです。

配信する頻度を知らせる

どのような間隔で配信されるのか、最初に知らせておいたほうが良いです。利用者の予想より配信されてしまうと、辟易することもあります。内容が濃い場合は頻度が増えても問題ないですが、内容が薄くて頻度が多いのであれば問題があります。

目立つところに入力フォームを掲載する

入力フォームはトップページの一番目立つ場所に掲載するのがいいです。一般的には、サイドメニューの最上部になるでしょう。

まとめ

以上、様々なことをお伝えしましたが、登録の魅力を引き上げて、登録の負担感を下げる。

これこそがメルマガの基本だということを、忘れないようにして下さい。

 

全てのことがここに行き着くことを、ご理解していただけたと思います。これはメルマガではない場合にも当てはまる大原則です。

以下の記事では、メルマガリストの購入のような薄いリスト採りとは違った、『濃いメルマガリストの集め方』について解説しています。ぜひ、併せてご覧ください。

タイトルとURLをコピーしました